INとOUTを用いた飲ませ方




あなたのメダルを10倍に増やす方法!
ビンゴギャラクシー攻略法!!



【新】なるべくメダルを使わずにサラコメを作れて、
SWBCも狙えるスタホ2フォース裏技


通常、強い馬を作るにはかなりのメダルを使います。
でも、なるべく少ないメダルで強い馬を育てるスタホ2フォース攻略マニュアルです!

詳しくはこちら 



スターホース2サードの配合攻略マニュアル!〜相性を簡単に良くできる配合方法付き〜


「IN」と「OUT」というのは
まるで俗語のように使われていますが、
ここでもう一度具体的な意味を復習しておきましょう☆


まず「IN」とは飲ませたメダルの枚数のことです。
調教・飼葉などをやることによって増えていきます。

一方「OUT」とは、払いだされたメダルの枚数のことです。
レースの賞金がこれに当たります。


時々、INとOUTの差枚のことをINと呼ぶのか、
それとも飲ませた枚数全てのことをINと呼ぶのか、
と当惑している方もいらっしゃいますが、
INというのは飲ませた枚数のこと、つまり後者が正しい表現です。


なので「5000枚くらいINさせたけど勝ってくれない・・・。」という状況が発生したとしても、
その分OUTがあればそれは当然の結果と
受け止めなければなりません。


例を出すと、まず5000枚飲ませました。

その飲ませ方というのはG1勝ち引退やG2勝ち引退などを駆使し、結果的に怪物ができた時点で5000枚INしましたと
いうことにします。

しかし、INしたのは5000枚であって、差枚ではありません。

G1勝ち、G2勝ちというのは
当然レースの賞金がOUTされていますので、
その分を差し引かなくてはなりません。
もちろん2着、3着時も同様です。


となると、5000枚INはしたがOUTもそれなりに出てしまい、結果それほど差枚が増えていない、
という悪循環に陥ることがあります。

これがオッズ泥棒を生む原因の一つとも考えられます。

こういうOUTが全く無い未出走漬け、
またはOUTが合っても普通の馬よりINが断然多いガリ、
というのは、この差枚による強さと言えます。


まとめますと、INはメダルを飲ませた総数、
OUTはメダルを払いだした総数、
そしてスタホで大事なのはその差枚です。

この差枚が大きくマイナスに偏れば偏るほど、
後々の反発が強くなります。


なのでオッズ泥棒ばかりという方は、
一度本格的にOUTを用いずINばかりしてみるのもありでしょう。


「スターホース2 攻略 実験室」より引用



【新】なるべくメダルを使わずにサラコメを作れて、
SWBCも狙えるスタホ2フォース裏技


通常、強い馬を作るにはかなりのメダルを使います。
でも、なるべく少ないメダルで強い馬を育てるスタホ2フォース攻略マニュアルです!

詳しくはこちら 



この通りに配合すればニックスもインブリードもばっちり成立!スターホース2サード配合攻略マニュアル!〜相性を簡単に良くできる配合方法付き〜



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。